愛子宿めぐり

詳細Explanation

安養寺の入口の桜の古木は、樹齢400年と云われています。 地元の農家からは「種まき桜」と呼ばれ、農作業の目安となる暦として親しまれ、 大切に扱われてきました。長く厳しい冬が過ぎた愛子地区に、 あたたかな春を告げる桜の木として長い間地域の人たちに愛されてきた「種まき桜」は、 これからもこの地から愛子の人々の暮らしを見守り続けるでしょう

■English

The old cherry tree at the entrance to Anyoji is said to be 400 years old. It is called “seed sowing cherry” by local farmers, and has been used as a calendar for farming and has been treated with great care. Seed sowing cherry tree, which has long been loved by local people as a cherry tree that tells the warm spring in the Aiko district after a long and harsh winter, will continue to watch the life of Aiko from this land Will be.

■中文
中国語説明



■韓国語
韓国語説明